MENU

MENU

水から広がる活動

活動レポート

2018年6月1日 東ティモール・フェスタ2018@上智大学四谷キャンパス

まだ十分に知られていない東ティモール民主共和国の魅力を

「知って」「味わって」「つながる」体感フェスタ

国内のNGOなど約20の団体が参加し、
東ティモールの特産であるコーヒーや手芸品の販売、
来日中の留学生によるトークセッションや
プロカメラマンによる現地写真展など
盛り沢山なイベントが5/19に開催されました。

「今年は大野の水で淹れたコーヒーを味わってもらおう」

市内団体CROPが1杯1杯大野の地下水で
丁寧にドリップしたコーヒーを提供しました。
もちろんコーヒーは東ティモールのコーヒー豆を独自焙煎したものです。

立ち昇る香りが多くのお客さんを惹きつけました。

もちろん大野のPRも忘れてはいません。
ドリップしている時間を利用して大野市の取り組みを紹介しました。

フェスタに来てくれたお客さんから
「昨年もいらしてましたよね」、「コーヒーおいしかった」
のお声をいただきました。
また、観光パンフレットの越前大野城の写真をみて、
「きれいな風景ですね」
とも言っていただけました。

他団体の方とも交流して、東ティモールの支援の取り組みについての意見交換や
お互いの紹介などから「つながり」を感じました。

こうしたイベントを通して広がる「つながり」から
より一層の支援ができていくことを感じずにはいられない1日でした。

CROP Facebookページ
モモンガコーヒー ホームページ

ページトップへ