MENU

MENU

水のがっこう

活動レポート

2017年9月7日 有終南小学校にて出張授業を実施

市内の有終南小学校にて、水の本「この水の問題を解いたきみはノーベル賞をとるかもしれない!」を使った出張授業を実施しました。
授業は水の本の内容に沿って進められ、世界では家に水道が無い家が多くあることや、毎日800人以上の子どもが水に恵まれず命を落としている現状などを紹介しました。
また、海外で起きている水の問題は決して他人事で無く、大野でも過去に井戸枯れが起きたことについて紹介し、水のありがたさについて学びました。
授業を聞いた児童からは「節水を心がけて水を大切にしたい」や「大野の水をいつまでも守りたい」などの感想をいただきました。
水の授業はこれからも県内外の学校を実施していく予定です。

ページトップへ