MENU

MENU

水の箱庭づくり

水の箱庭づくり

大野市は、一つの小さなまちのなかで水の循環が完結している、まさに「水の箱庭」。人々は昔から、この箱庭の中で水によって生かされ、同時に水は、大野の人々によって大切に守られてきました。
大野の地下水にとって、森や農地は大切な役割を担っています。大野の山に降った雨や雪は、森の木々が水を蓄えることで、長い年月をかけて地中に浸み込みます。一部は川に流れ込むことで、川底から地中へ蓄えられます。水田でも、田んぼに張られた水が地中に浸み込み、地下水になります。
「水の箱庭」である大野を、これからも大切に受け継いでいくために、このまちではさまざまな保全活動を行っています。

ページトップへ